ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 入学準備金貸付制度のご案内

入学準備金貸付制度のご案内

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年3月15日

(平成30年度の申請受付は終了しました。)高等学校などに進学する際に、入学準備金を無利子でお貸しします。

 高等学校・専修学校(2年以上の専門課程)・短期大学・大学に入学を希望される方の保護者で、入学準備金の調達が困難な方に、入学準備金を無利子でお貸しします。

 返済は、学校の所定の修業年限が終了した後(卒業後)、3年以内の分割納付です。

 貸付手続きの主な流れについては 「「入学準備金 申請・貸付、返済までの流れ【PDF】」をご覧ください。
       
 入学準備金 申請・貸付、返済までの流れ【PDF】

 平成30年度入学準備金貸付制度のご案内【PDF】
 

申請受付期間(平成30年度)

平成30年10月1日(月) 〜 平成31年1月31日(木)

※申請受付期間外に必要になった場合はお問い合わせください。
 
合格決定前でも申請できますので、志望校が決まりましたらお早めに申請手続をしてください。
申請していただいてから約2週間後に、審査結果を
文書でお知らせいたします。
審査により貸付対象となられた方は、学校から合格通知書が発行されましたら、
就学支援課窓口で貸付の手続きをしてください。
入学準備金は原則、口座振込となり、振込日は
貸付手続きの日以降になります。 

 

申請資格

 [1]申請並びに貸付を受けるいずれのときも市川市内に居住していること。
 [2]入学準備金の調達が困難であること。
  (収入の制限があります。収入の目安は、4人世帯ですと年収約670万円です。) 
 [3]連帯保証人が1名いること。(同居家族以外で、平成29年中に130万円以上の収入がある方)
  

※収入の目安は、世帯の家族構成等によって異なります。

貸付限度額

 

区分 国公立の場合 私立の場合
高等学校 100,000円 300,000円
専修学校 150,000円 400,000円
短期大学 200,000円 400,000円
大学 250,000円 500,000円
高等学校には、高等専門学校を含みます。

専修学校は、修業年限が2年以上の専門課程が対象です。
 

申請手続(申請に必要な書類など)

次の書類等を揃えて、直接、就学支援課窓口までご持参ください。

(郵送不可。また、記入には消すことのできるボールペンを使用しないでください。) 

 

[1] 入学準備金貸付申請書【PDF】

   家庭調書【PDF】
  

[2]  世帯の収入を証明する書類(世帯で収入のある方全員の分)
   ・平成30年度 市県民税課税・非課税証明書、平成29年分の源泉徴収票、 
    平成29年分の所得税の確定申告書(第一表及び第二表)、年金振込通知書の写し等

 [3] 
連帯保証人の収入を証明する書類

   ・平成30年度 市県民税課税・非課税証明書、平成29年分の源泉徴収票、
   
平成29年分の所得税の確定申告書(第一表及び第二表)、年金振込通知書の写し等
 

 [4] 朱肉を使用する印鑑

 
[5]  次の項目に該当のある場合
   ・世帯の住まいが借家の場合
     住居の賃貸借契約書の写し

   ・保護者と連帯保証人が二世帯住宅で生活している場合
     保護者と連帯保証人の同一年月分の公共料金(電気、ガス、水道のいずれか1つ)の
     領収書の写し

 
   ・保護者が児童扶養手当を受給している場合
     児童扶養手当証書の写し

   ・世帯で障害者手帳の交付を受けている方がいる場合
     障害者手帳の写し

入学準備金の受取手続(受取に必要な書類など)

 学校から合格通知書が発行されましたら、納付期限を確認していただき、
次の書類等を揃えて、直接、就学支援課窓口までご持参ください。
(郵送不可。また、記入には消すことのできるボールペンを使用しないでください。) 
  
※入学準備金の受取方法は、原則、口座振込となります。
  
[1] 入学準備金借用証書(指定用紙)
[2] 入学する学校の合格通知書の写し
[3] 保護者の印鑑登録証明書
[4] 連帯保証人の印鑑登録証明書
[5] 領収証書または口座振込依頼書(指定用紙)
[6] 入学準備金貸付可否決定通知書(指定用紙)
[7] 実印
[8] 保護者の身分証明書(現金受取を希望する場合)
[9] 保護者名義の預貯金通帳(口座振込を希望する場合)

返済方法

返済は、学校の所定の修業年限が終了した後(卒業後)、3年以内の分割納付(無利子)です。
返済計画は次の中からお選びください。

[1] 年賦  (返済額を3回に分けて、毎年4月に返済する方法)
[2] 半年賦(返済額を6回に分けて、毎年4月と10月に返済する方法)
[3] 月賦    (返済額を36回に分けて、毎月返済する方法)

※保護者が返済できなくなった場合は、連帯保証人が返済することになります。

問い合わせ先

就学支援課 就学助成担当 0477040256

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 学校教育部 就学支援課
〒272-0023
市川市南八幡1丁目17番15号 南八幡仮設庁舎2階
 経理担当 電話:047-383-9243
 就学助成担当 電話:047-704-0256
 FAX:047-378-6783