ホーム > 事業者向け情報 > 事業系ごみ > 事業系ごみの適正処理 > 事業系ごみ(事業系一般廃棄物)の資源化について

事業系ごみ(事業系一般廃棄物)の資源化について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年10月11日

紙の資源化にご協力ください

 市川市クリーンセンターに搬入される事業系ごみのうち、リサイクルが可能な紙類が多く含まれていることが確認されております。
 そこで、ごみの減量と資源化のために、燃やすごみとして古紙を処分するのではなく、古紙問屋へ搬入する等によって、古紙のリサイクルを推進していただきますよう、ご協力をお願いします。

 
会社名 所在地 電話番号 取扱品目 営業日 搬入時間 収集運搬 処理証明
市川紙原
株式会社
柏井町
2-78-3
047
(369)
7571
ダンボール
新聞
雑誌
シュレッダー
OA用紙
雑紙類
機密文書
月曜日
火曜日
金曜日
9時から15時 条件により
実施
(要相談)
溶解処理証明
(要相談)
株式会社
増田商店
田尻
1-9-2
047
(376)
4208
ダンボール
新聞
雑誌
シュレッダー
OA用紙
雑紙類
年中無休 月曜から土曜
8時から18時
日曜、祝日
9時から16時
条件により
実施
(要相談)
株式会社
木下
二俣
447-3
047
(327)
1166
ダンボール
新聞
雑誌
シュレッダー
OA用紙
雑紙類
機密文書
年中無休 7時から18時 条件により
実施
(要相談)
破砕処理証明
溶解処理証明
(要相談)
株式会社
渋谷商店
押切
11-10
047
(358)
2221
ダンボール
新聞
雑誌
シュレッダー
OA用紙
雑紙類
機密文書
月曜日
から
金曜日
9時から16時30分 条件により
実施
(要相談)
溶解処理証明
(要相談)
株式会社
京葉資源センター
塩浜
3-14-1
047
(397)
3115
ダンボール
新聞
雑誌
シュレッダー
平日
日曜、祝日
8時から15時30分 不可 受入証明
(要相談)

※依頼する数量、品質またはリサイクル市場の変動によって処理費用が発生する場合がございます。

古紙類の分別方法

 
品目 具体例 出し方
(1)ダンボール
紙と紙の間に
波状の紙があるもの
箱は解体し、ダンボールのみで束ねる
(2)新聞
新聞紙
折込広告
ヒモで縛るか、紙袋にまとめる
(3)雑誌
雑誌
パンフレット
付録は取り除く
ダンボール箱にまとめるか、ヒモ等で束ねる
(4)シュレッダー   ビニール袋に入れて漏れないように口を縛る
(5)OA用紙 コピー用紙 金具、ハードファイル、ヒモ等は外し、紙だけの状態にする
写真・レシートの貼付は取り除く
(6)雑紙類
包装紙
ダイレクトメール
名刺
紙箱
紙袋
ダンボール箱又は紙袋等に入れるか、ヒモ等で束ねる
(7)機密文書 裁断した紙 金具、ファイル等は取り除き、紙のみにする

※処理方法によっては、ファイルごと排出することが可能な場合があります。
 詳しい分別区分については、各古紙問屋へお問合せください。
 

資源化できないもの(禁忌品)

 禁忌品とは、紙の再生リサイクルを行うにあたり、混入するとトラブルまたは製品に重大な悪影響を及ぼすもののことを指します。
 下記に該当するものは、資源物に混ぜないで燃やすごみとして処分 してください。

品目 具体例
(1)昇華転写紙 アイロンプリント紙、詰め物
(2)感熱性発泡紙 点字印刷物
(3)臭いのついた紙 線香や柔軟剤の包装紙
(4)感熱紙 レシート用紙、ファックス用紙
(5)合成紙 選挙ポスター
(6)青図(青焼き) 複写図面
(7)防水加工された紙 紙コップ
(8)箔押しされた紙 金・銀の折り紙
(9)アルミ加工された紙 酒パック
(10)ろう段 ワックス付ダンボール
(11)食品残渣のついた紙 食品を直接包装した紙
(12)カーボン紙 宅配便の伝票
(13)圧着はがき 親展はがき
(14)ノーカーボン紙 伝票
(15)汚れた紙 使用済みキッチンペーパー
使用済みティッシュペーパー

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 清掃部 循環型社会推進課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
家庭系ごみについて 電話:047-712-6317 FAX:047-712-6320
事業系ごみについて 電話:047-712-6318 FAX:047-712-6320
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで