• 音声読み上げ
  • 文字を大きくする
  • 文字を元に戻す



通常展「風景画家 東山魁夷のあゆみⅡ 心象風景」

更新日: 2021年8月12日
通常展「風景画家 東山魁夷のあゆみⅡ 心象風景」
過酷な戦争体験を経た東山魁夷は、1947(昭和22)年、日展出品作《残照》の発表を以て、特選・政府買い上げという転機をむかえ、風景画家として立つことを決意します。
代表作《道》に象徴されるように、風景画家として独自の画境を拓いた魁夷は、欧州へと旅立ち、心象の風景へとたどり着きます。

展示内容は、展示目録(PDF)をご覧ください。

開催期間
2021年8月7日(土曜)から10月31日(日曜)

開館時間
午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日
月曜日(祝休日にあたる場合は、直後の平日)

※新型コロナウイルスの感染予防対策のため、来館前に来館にあたってのお願いをご確認ください。
※展覧会会期などは今後の諸事情により変更する場合があります。
観覧料
一般 520円
65歳以上 410円
大高生 260円
中学生以下無料

※新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、団体料金の設定はありません。
いちかわエコボカード(満点カード)1枚で1名が無料で入場できます。
※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名は、観覧料が無料になります。
市川市文学ミュージアムの利用済みチケット、チーパス、および千葉県外の子育て支援パスポートをご提示いただいた方は観覧料を2割引きします。
なお、65歳以上のかたはあらかじめ割引料金となっているため、絵はがきを差し上げます。
※割引の併用はできません。

今年度の展覧会は2021(令和3)年度の展覧会のページをご覧ください。