通常展「風景画家 東山魁夷のあゆみ3 風景巡礼」

通常展「風景画家 東山魁夷のあゆみ3 風景巡礼」

1971(昭和46)年、東山魁夷は奈良・唐招提寺御影堂障壁画の制作を正式に受諾しました。 翌72年には一年を費やして構想を練り、奈良大和路の自然と歴史、日本文化の探究につとめました。
そして第一期障壁画の主題を“日本の山と海”と定めて、日本各地の山と海の写生を重ね、1975年、第一期障壁画《山雲》《濤声》は完成に至りました。 古代の神秘に彩られた奈良・大和路、そして日本の自然美を象徴する海と山など、東山魁夷の日本画構築の神秘に迫ります。

開催期間

2022年3月19日(土曜)から5月22日(日曜)

開館時間
午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(祝日・休日にあたる場合は、直後の平日)
  • ※新型コロナウイルスの感染予防対策のため、来館前に来館にあたってのお願いをご確認ください。
  • ※展覧会会期などは今後の諸事情により変更する場合があります。

観覧料

一般
520円
65歳以上
410円
大高生
260円
中学生以下
無料

令和3年度の展覧会は2021(令和3)年度の展覧会のページをご覧ください。

このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 文化スポーツ部 東山魁夷記念館

〒272-0813
千葉県市川市中山1丁目16番2号

電話
047-333-2011
FAX
047-333-2033