• 音声読み上げ
  • 文字を大きくする
  • 文字を元に戻す



通常展 「風景画家 東山魁夷のあゆみⅠ 風景開眼」

更新日: 2021年6月23日
通常展 風景画家 東山魁夷のあゆみⅠ 風景開眼
東山魁夷は絵と文学に親しむ内気な少年時代を過ごしますが、やがて画家を志すようになり、東京美術学校日本画科入学を果たしました。
1929(昭和4)年、第10回帝展に初入選し、画壇への一歩を踏み出した魁夷は、結城素明に師事します。
生涯の師ともなった素明から授かった「心を鏡のようにして自然を見ておいで」という言葉を深く心に刻み、日本画家としての地歩をかためてゆきます。

展示内容は、以下のリンク先から「展示目録」ご覧ください。

展示目録(PDF)

開催期間
2021年5月29日(土曜)から8月1日(日曜)

開館時間
午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日
月曜日(祝休日にあたる場合は、直後の平日)

※新型コロナウイルスの感染予防対策のため、来館前に来館にあたってのお願いをご確認ください。
※展覧会会期などは今後の諸事情により変更する場合があります。
観覧料
一般 520円
65歳以上 410円
大高生 260円
中学生以下無料

※新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、団体料金の設定はありません。
いちかわエコボカード(満点カード)1枚で1名が無料で入場できます。
※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名は、観覧料が無料になります。
市川市文学ミュージアムの利用済みチケット、チーパス、および千葉県外の子育て支援パスポートをご提示いただいた方は観覧料を2割引きします。
 なお、65歳以上のかたはあらかじめ割引料金となっているため、絵はがきを差し上げます。
※割引の併用はできません。