ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民年金 > 給付 > 遺族基礎年金について

遺族基礎年金について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2021年4月1日
こんなときに支給されます 年金額 請求に必要なもの
     
国民年金加入中の被保険者や老齢基礎年金の受給資格を満たした方が死亡したとき、その方によって生計を維持されていた「18歳未満の子のある配偶者」または「子」に支給されます。 (18歳未満の子のある配偶者) 印鑑
   
子が1人のとき 年金手帳(死亡者と請求者のもの)
1,005,600円  
子が2人のとき 請求者名義の普通・当座預金通帳
(障害等級1・2級の障がいの状態にある子は20歳まで支給されます。) 1,230,300円  
  請求者の所得または非課税証明書(直近のもの)
  子が3人以上のとき、2人のときの額に1人につき74,900円を加算
   
※申請要件については、こちらをごらんください。 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
 
  (子のみの場合) 住民票除票(死亡者のもの)
     
子が1人のとき 死亡者及び請求者の世帯全員分のマイナンバーカード、マイナンバーの通知カード、もしくはマイナンバー入りの住民票
780,900円
  子が2人のとき  
  1,005,600円 マイナンバー法に基づく身元確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
 
  子が3人以上のとき、2人のときの額に1人につき74,900円を加算 学生証の写しまたは在学証明書(高校生の場合)
     
支給月 死亡診断書(コピー可)または死亡届(市区町村長の公印のあるもの)
2月・4月・6月・8月・10月・12月の偶数月  
     
   
     
※ 死亡日が第3号被保険者期間中にある場合、請求書の提出先は、市川年金事務所になります。
※ 年金額は令和3年度の額です。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 国民年金課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
電話:047-712-8538 FAX:047-712-8735