ホーム > 暮らしの情報 > 税金 > 市民税 > 個人市県民税 個人市県民税の改正点(21年度から適用)

個人市県民税 個人市県民税の改正点(21年度から適用)

印刷する
更新日: 2015年9月10日
 

平成21年度から適用となる個人市県民税の主な改正点

1.寄附金控除(ふるさと納税)が拡充されました

1.寄附金控除の適用下限額が10万円から5000円になります。
2.寄附金の控除対象限度額が、総所得金額等の25%から、総所得金額等の30%に引き上げられます。
3.所得控除方式から税額控除方式になります。
4.県・市が条例で指定する学校法人や社会福祉法人なども寄附金控除の対象となります。



寄附金控除(ふるさと納税)の詳細についてはこちらをご覧ください。



2.公的年金からの特別徴収制度の導入

現在、公的年金に係る個人市県民税は納付書や口座振替で納付して頂いていますが、平成21年10月以降、老齢基礎年金等から特別徴収(天引き)されます。 平成21年度第1期と第2期は、納付書等で納めてください。


公的年金からの特別徴収制度の詳細についてはこちらをご覧ください。

 


関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 市民税課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
 普通徴収担当 電話:047-712-8660 FAX:047-712-8744
 特別徴収担当 電話:047-712-8664 FAX:047-712-8744
 法人市民税担当 電話:047-712-8665 FAX:047-712-8744
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで