ホーム > 暮らしの情報 > 下水道・浄化槽 > 下水道 > 下水道への接続 > 下水道へ接続する市民の皆様へ

下水道へ接続する市民の皆様へ

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年8月7日

下水道への新設、切替に伴う宅地内排水設備工事の申請

○下水道ができると処理区域内の建物の所有者は、遅滞なく排水設備を設置して公共下水道管に接続しなければなりません。また、くみ取り便所の家庭では、供用開始の日から3年以内に水洗トイレに改造することが下水道法で義務づけられています。
○台所、風呂場、洗濯機などから出る汚水も公共下水道管へ流すように切り替え工事を行う必要があります。
○宅地内の排水設備工事を行う場合、市への申請が必要です。
実際の申請は指定工事店が皆様に代行して行います。工事店とよく相談し、内容を確認のうえ工事を行うようにして下さい。
※公共下水道への接続工事が完了し公共下水道を使用されますと、浄化槽は廃止されて維持管理はなくなりますが、下水道使用料を納めていただくことになります。
※生活扶助世帯に対しては要綱により、くみ取り便所からの切替工事に限り、補助金を交付する場合がございます。詳細は市にお問合せください。

申請時に必要なもの

指定工事店から市に申請書を提出させる場合は、必ずご自身で中身のご確認を行って署名、押印してください。
○工事店は、お客様の申請に従い、3部(下記参照)を市に提出します。
(1部目)『排水設備新設等確認申請書(第1号様式)』を表紙につけたもの
 「排水設備工事設計書」
 「申請地案内図」
 「工事平面図」
 「排水設備完成図」
 「公共下水道使用開始届」
(2部目)『排水設備新設等確認通知書(第2号様式)』を表紙につけたもの
 「排水設備工事設計書」
 「申請地案内図」
 「工事平面図」
(3部目)表紙ナシ
 「排水設備工事設計書」
 「申請地案内図」
 「工事平面図」
市から交付されるもの
 排水設備新設等確認通知書
 (市川市下水道条例施行規則 第2号様式)
 ※工事終了後現場検査を行います(別途の申請は不要です)

宅地内排水設備工事の手続きと手順

【1.指定工事店を決めます。】
 改造工事をされる方は、指定工事店に申し込んでください。
   ↓
【2.工事見積りをとります。】
 工事の見積りは無料です。
 便器の種類や排水管を通す場所、ますの位置など、よく打ち合わせを行って下さい。
  ※2〜3社の見積りをとり、比較検討することをお勧めします。
  ※担当者の名前、千葉県排水設備責任技術者証の確認をするようにしましょう。
  ※貸付、補助金制度の利用を希望されるときは指定工事店に申し出てください。
   ↓
【3.工事の申請をします。】
 工事を行なう前に市に確認申請書を出していただきます。
 この手続きは業者が代行します。
   ↓
【4.工事の施工をします。】
 市が申請書を審査し、基準に適合している場合、確認の通知をします。
 工事は一般家庭の場合、1〜2日で終わります。トイレが使えないのは、半日〜1日程度です。
   ↓
【5.市が完了検査をします。】
 工事が終わり、市へ完了届けが提出されると、市の職員が検査に伺います。
 検査に合格すると、検査証(シール)が発行されます。
 もし、検査に不合格の場合は、工事業者に手直しを命じます。
   ↓
【6.検査に合格した後】
 工事店から下水道使用開始届が市に提出されます。
 下水道使用料が2ヶ月ごとにご請求されます。
  ※『水洗便所改造資金貸付』をご利用の方は、貸付金の納付書が発行されます。
 
○市川市では下水道への接続工事を促進するため、水洗便所改造資金の貸付と私道下水道管渠敷設工事の助成をおこなっております。
 ※工事の申請と一緒に工事店が代行しますので、市との直接のやり取りは原則として不要です。
 ※貸付や助成制度を利用する場合は、排水設備の工事の申請時に工事店に申し出てください。
○市内の排水設備の工事は、市の指定工事店以外は認められません。指定工事店一覧表はこのページでご覧になれますが、公共下水道に接続が可能になったときに各家屋に対して配布しております。
○見積り金額と請求金額が異なる場合があります。(工事場所に障害物などがあった場合など)
その都度工事店と打ち合わせを行ってください。
○工事契約する場合は、金額、工事日程、保証期間、排水設備の設置箇所について十分検討して決めてください。
 ※改造工事の配管は、出来るだけ新しい管に取り替えましょう。
 ※お住まいの地域によって、汚水と雨水を分けて処理をしている「分流式」と、一緒の管に流して処理をしている「合流式」があります。
○市から発行する確認通知書は、工事店から工事図面と一緒に大切に保管してください。
(宅地内の排水設備は個人管理となります。適切な維持管理や修理を行うために必要な書類です。)
  ※     工事店は、工事期間の延長が生じた場合は、『排水設備設置期間延長許可申請書』を速やかに提出してください。
 ※公共下水道の埋設状況や分流・合流の確認は、市にお問合せください。
 
水洗便所改造資金貸付制度(無利子)
くみ取り便所を水洗便所に改造したり、浄化槽の廃止して下水道に切替工事する費用を無利子でお貸しします。
 
私道下水道管渠敷設工事助成制度
私道の下水道工事について工事費の全額を助成する制度があります。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 水と緑の部 下水道経営課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
経営グループ 電話:047-712-6356 FAX:047-712-6357
業務グループ 電話:047-712-6359 FAX:047-712-6481
水洗普及グループ 電話:047-712-6482 FAX:047-712-6357
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで