ホーム > 暮らしの情報 > 住宅 > 相談 > お問合せの多い質問集

お問合せの多い質問集

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年4月8日
   
※ あくまで一般的な質疑応答として記載されています。個別相談は直接建築指導課にお問合せ下さい。
  また、建築計画等に影響する技術的な内容は、お手数ですが窓口までお越しいただくようお願い致します。
       
  質問概要 質問内容 回答欄

建築計画の事前相談 市川市のシステム 窓口での事前相談は随時受け付けています。ご希望の方は、確認申請の事前の相談も可能です。なお、事前に電話にて時間調整をお願いします。※ただし、市川市に建築確認申請を提出される物件に限らせて頂きますのでご注意下さい。
確認申請等の手数料 手数料額 こちらをクリック!
建築計画概要書の閲覧 建築確認の閲覧 建築指導課にて閲覧可能です。
証明書の交付 こちらをクリック!
建築確認・許可申請書式 書式の取得 建築指導課HPコンテンツ内の書式ダウンロードでお求め下さい。
市川市中間検査マニュアル 特定工程の対象 マニュアルはこちら
特定工程の内容
中間検査の提出書類等

 

日影制限 市川市の緯度・経度 北緯36度 東経139度56分です。
市川市の日影規制内容 原則として、閉鎖方式でお願いします。こちらをクリック!

平成26年6月13日、「市川の住環境を守るために建築基準法の日影規制の強化を求める請願」が採択されました。
 こちらをクリック!
角地緩和 条件(市川市細則第37条)
 ※風致地区に指定されている場合はこの条項は適用されませんのでご注意下さい。
こちらをクリック!
第37条 法第53条第3項第2号の規定により指定する敷地は、その周辺の3分の1以上が道路又は公園、広場、川、その他これらに類するもの(以下この条において「公園等」という。)に接し、かつ、次の各号のいずれかに該当するものとする。
(1)幅員がそれぞれ4メートル以上の2つの道路(法第42条第2項の規定により 道路とみなされる道で、同項の規定により道路境界線とみなされる線と道との間の敷地の部分を道路として築造しないものを除く。)で、その幅員の合計が10メートル以上のものが内角120度以内で交わる角地
(2)建築物の敷地に接する道路の反対側又は敷地に接して公園等があり前号に準ずるもの
高さ制限
(斜線制限)
敷地が次のものに接する
場合の緩和
(川・線路敷・公園等)
千葉県建築基準法令関係取扱基準集
(p16「制限の緩和の取扱いについて」)に準じます
こちらをクリック!
手すり部分の取り扱い ルーフバルコニーのパイプ手すり、金網等見通しのきくものは軽微な屋上突出物として取り扱い、斜線制限は緩和されます。
屋上の取扱いにならないベランダ、バルコニーの手すりは、斜線の緩和は適用されません。
小屋裏利用 運用基準 こちらをクリック!
千葉県建築基準法施行条例 がけ(第4条) こちらをクリック!
長屋 こちらをクリック!
共同住宅 こちらをクリック!
壁面後退 基準内容 風致地区(公園緑地課)、地区計画(都市計画課)の場合には基準がありますのでご確認下さい。
地区計画 区域範囲 都市計画課にお問合せ下さい。
基準内容 都市計画課HPコンテンツ内にて概要版を御覧下さい。
審査期間 都市計画課にお問合せ下さい。

道路全般 建築基準法上の位置付け
幅員・市道番号等
※直接窓口にお越し頂きます様お願い致します。

建築設備の定期報告 手続き全般 こちらをクリック!
リサイクル法の届出 手続き全般 こちらをクリック!
用途地域 用途地域の種別 都市計画課にお問合せ下さい。
風致地区 許可基準等 公園緑地課にお問合せ下さい。
雨水排水計画届出書 書式、技術基準 河川・下水道管理課にお問合せ下さい。
建築工事全般のお問合せ 騒音、振動、日影等 建築指導課、開発指導課にお問合せ下さい。
その他お問合せ表   建築指導課HPコンテンツ内「建築関連の手続き等一覧」をご覧下さい。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 街づくり部 建築指導課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
 道路・許可担当 電話:047-712-6334
 指導担当     電話:047-712-6335
 審査担当     電話:047-712-6336
 耐震担当     電話:047-712-6337 FAX:047-712-6330  
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで