会議録 (2008年2月 第6日目 2008年3月3日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:谷藤利子議員

 大変詳しくご説明いただきましたので、内容はわかりました。マイナスの、特に一般被保険者分のところについて詳しくお聞きいたしましたけれども、1世帯当たりの課税所得の減、加入被保険者数の減、それから収納率の見込みに対する収納率の減というようなことで、滞納世帯の状況につきましても、滞納世帯も滞納額も前年比をかなり上回っているという状況もよくわかりました。
 そこで再質疑ですけれども、今のご答弁をお聞きしましても、特に景気の上向きとはいえ、国保加入者の世帯においては、所得はさらに減少している。特に応益割ですね。世帯割、それから均等割が加算されますから、家族が多いほど所得に対する負担割合が非常に高くなるという、逆進性といいましょうか、そういう制度ですから、特に国の増税政策ですね。定率減税の廃止などで、19年度は特に負担率が高くなったのかなというふうに私は認識をしております。そういうことの中で、加入世帯、特に国保加入世帯の特徴からして、この負担が大変厳しくなっていることをまず認識する必要があると思うんですが、その辺についてどういう認識か。認識についてお聞かせいただきたいというふうに思います。
 それから、今、滞納世帯がふえている中で滞納対策ということで、収納率を上げるためにいろいろやっているということについて詳しくご説明いただいたわけなんですが、滞納の原因別に見ると、事業不振、所得の減少、失業というような特徴的なことからすると、収納率を上げることも大変厳しいんだということも十分に推測されるわけなんですが、そういう中で、先ほど答弁にありました短期被保険者証ですね。その辺の制裁についても、資格証明書、財産差し押さえ、滞納処分、相当厳しくやっていらっしゃるんだと思うんです。その辺の状況についてご説明がありませんでしたので、制裁として行っている内容についてお聞かせいただきたい。
 それから、窓口対応、戸別訪問、電話催促、財産調査、いろいろな形で収納率向上の対策をする際に、加入世帯の加入者1人1人の暮らし、それから病気になっている世帯の状況、医療費、そういうことに影響のないような配慮、特別な事情をきちんと配慮するように徹底を図っているのかどうか。どのように図ったのか。収納嘱託員、非常勤の方々もたくさんいらっしゃるわけでしょう。きちんとその辺の徹底が図られているのか。どのように図られたのか。その辺についてもお聞かせいただきたいと思います。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794