会議録 (2008年2月 第6日目 2008年3月3日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:田草川信慈行徳支所長

 雨水貯留槽等整備工事についてお答えいたします。
 初めに、変更の内容についてでございます。広尾防災公園の事業は、現在、敷地の地下におさめる構造物について着手しておりまして、その1つとして雨水貯留槽等の整備を進めているところでございます。この工事の概要ですが、敷地面積約3.7haの雨水の排水調整を行うために、マンション側がA貯留槽2,475立方メートル、それから川側がB貯留槽1,958立方メートル、この2つの雨水貯留槽の設置をしております。また、防火機能を充実するために、1カ所当たり40立方メートルの耐震性の防火水槽を2カ所設置しております。この工事は、雨水貯留槽を設置するところでは、地下に深さ約8mの掘削をいたしました。また、防火水槽を設置するところでは深さ約5mを掘削してから、地下に作業員や建設機械が入ってコンクリート製の構造物を組み立てるというものでございます。このように地下深く工事をするものですから、掘削箇所の安全とその周辺に影響がないようにということで事前にボーリング調査を行いまして、掘削時の安全性について検討した結果、この工事については仮設の鋼矢板、土どめによりまして、水をとめる工法を行って工事を進めてきたということでございます。しかしながら、先ほど答弁しましたとおり、雨水貯留槽設置2カ所のうち、マンション側の雨水貯留槽に近接する道路部分に沈下が発生いたしました。この周辺の安全性につきましては、関係機関でありますガス会社とか道路管理者、あるいは近隣住民と話し合いを行いまして、沈下がこれ以上深刻な状態にならないための方策を慎重に検討してきたところでございます。その結果、鋼矢板の引き抜きをする最終段階では、さらに新たな沈下が危惧されることから、周辺の安全対策など、費用対効果や住民の不安解消を考えまして、この部分については一部鋼矢板をそのまま残すことといたしまして、これに伴う請負金額の変更が生じたというのが変更の主な要因でございます。
 次に、増額になった額とその具体的内容でございます。増額した額は、当初請負額4億4,621万8,500円と変更請負額4億8,100万5,000円との差額、3,478万6,500円となっております。具体的な変更内容といたしましては、主な増額要因として、1つには、雨水貯留槽工事では最終的に946枚の鋼矢板をすべて引き抜きいたしまして、業者が回収する設計でありました。しかし、今回、そのうち283枚については、そのまま残すこととしたために、この代金を弁償するものがございます。2つ目には、今後、公園整備のために残す矢板の上のほうから1.3m部分は切断して除去する工事の増加でございます。3つ目には、当初設計段階で確認できていなかった地下からの撤去すべき鉱滓の量の増加、それと騒音や振動を和らげるための工作機械の変更に伴う増であります。4つ目には、雨水貯留槽等の設置箇所を掘削した箇所にたまった地下水の排水処理と、それから近接住宅などに砂ぼこりの迷惑を解消するため、防じん対策としての散水作業とか、あるいは防護用シートの敷設の増がございます。また、減額の要因といたしましては、1つには、雨水貯留槽仮設矢板283枚の引き抜き手間は減となりました。2つ目には、雨水貯留槽仮設矢板283枚分の代金の弁償をすることとなったために、設計で見ていた賃料を減ずるものでございます。3つ目には、この矢板の復路の運搬費の減がございます。主な増額、減額の要因は以上のとおりでございます。
 次に、残した鋼矢板の腐敗等で地質、環境等への影響による設計変更とか工期のおくれという質疑でございますが、残した鋼矢板につきましては、地下に埋設しておりますので、空気にはほとんど触れないということで、酸化等による劣化は極めて少ないものと考えております。また、鋼矢板は鉄製でございます。環境に与える影響はないというふうに考えております。工期につきましては、今回の設計変更契約議案では暫定的に平成20年3月31日までとしておりますが、今議会におきまして、請負変更契約議案とあわせて平成20年度当初予算の中で、当該工事について継続費として年割額4,500万円を計上しております。議会承認の後、約2カ月程度の工期延長を行う予定としております。また、今後、残した矢板の影響による設計変更とか工期延期はございません。
 なお、今後、広尾防災公園の整備予定といたしましては、平成20年度には盛り土や擁壁等を設置する基盤整備工事等を予定しております。そして、20年から21年度にかけて、雨水、汚水の排水、給水、電気設備等の施設整備工事と植栽や公園施設等の造園工事、また屋外トイレ、管理棟兼備蓄倉庫等の建築工事を行いまして、平成22年の開園に向けて整備してまいります。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794