会議録 (2008年2月 第6日目 2008年3月3日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:清水みな子議員

 日本共産党の清水みな子です。通告に従いまして、議案第60号平成19年度市川市一般会計補正予算(第3号)について質疑を行います。
 13ページ、歳入、市民税、個人市民税現年課税分の減額理由について伺います。18年度の市税は、定率減税の半減、老齢者控除の廃止、公的年金等控除の見直しなど、税制改革により、市民の負担増が14億円になっております。19年度は定率減税の廃止などでさらなる増税となっていましたが、補正予算で10億1,700万円の減額はどういうことでしょうか、その理由について伺います。
 次に、15ページ、歳入、使用料及び手数料の土木手数料、建築確認申請手数料の減額理由について伺います。私は、12月議会で改正建築基準法について質疑いたしました。その答弁で、昨年6月20日施行され、まだなれていないこと、事前相談制度を設けたので大丈夫だろうということでした。建築確認が厳罰化され、審査のルールが変わり、建築確認件数が停滞、住宅着工数が減少したことなどにより、その手数料が減ったのではないかと思いますが、その申請手数料1,631万7,000円の減額理由について伺います。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794