ホーム > 暮らし > 都市計画 > 都市計画・景観 > 市川市景観条例・市川市景観計画・景観法に基づく届出について

市川市景観条例・市川市景観計画・景観法に基づく届出について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2021年9月3日
 市川市は、積極的に景観まちづくりに取り組み、市民・事業者との協働により、その実現に向けて推進していくことを目的とし、平成16年に公布された「景観法」に基づく「市川市景観条例」(公布:平成18年3月24日、施行:平成18年4月1日(一部、7月1日))及び「市川市景観計画」(告示:平成18年4月6日、施行:平成18年7月1日)を策定しました。

※平成25年6月1日より、景観法に基づく届出においては、新たに「市川市景観計画区域内行為届出書チェックシート」の添付が必要となります。詳細は下記「景観法に基づく届出に添付するチェックシートについて」をご確認ください。

「市川市景観条例」とは

 景観法に基づき、「市川市景観計画」の運用に必要な事項の他、良好な景観形成に資する市民活動への支援について定めています。

定めている主な事項

  • 景観計画区域内における行為の制限(変更命令の対象となる特定届出対象行為)など
  • 市民等による良好な景観の形成に資する活動の促進(景観賞、景観活動団体の登録・支援など
⇒「市川市景観条例」のダウンロード(PDF形式 約130KB)

「市川市景観計画」とは

 景観法第8条に基づき、良好な景観を形成するための制限や取り組みを定めています。
 なお、本計画は、市川市の景観まちづくりに関するマスタープランである「市川市景観基本計画」に即して定めています。

定めている主な事項

  • 景観まちづくりの基本理念と基本目標
  • 地域特性を生かした景観まちづくり
→市川市を景観特性に従い8つのゾーンに区分し、各ゾーンで個別の景観まちづくりの目標などがあります。
  • 景観計画の区域
→市川市全域を景観計画区域としています。
 令和元年12月18日の市川市景観条例の改正により、地域特性を生かした景観の形成を重点的に推進する必要がある地区を「景観重点地区」として位置付け、本計画に追加できるようになりました。
 現在、中山参道地区を景観重点地区として指定しており、当該地区では建築物・工作物に特別なルールが適用されています。詳しくは、「中山参道景観重点地区の指定について」をご確認ください。
  • 良好な景観の形成に関する方針
→市内全域を対象とした共通方針と、地域特性(ゾーン区分)ごとに異なる区分別方針を定めています。景観計画区域内において、建築物の建築や工作物の建設などを行う場合は、これらの方針に沿って行う必要があります。
  • 行為の制限に関する事項
→一定規模の建築物や工作物の新築、増築、修繕などを行うときは、あらかじめ届出が必要です。行為の制限内容としては、建築物や工作物の外観の色彩基準などがあります。
  • 景観重要建造物及び景観重要樹木の指定の方針
→良好な景観の形成に重要な建築物、工作物、樹木を指定して、現状変更の規制をかけることなどにより、積極的に保全を図ります。

景観法に基づく届出について(景観重点地区を除く)

 高さが10メートルを超える建築物など、一定規模以上の建築物の建築・増築・修繕や工作物の新設などを行う場合、当該行為の着手日の30日前までに景観法で定める届出が必要です。
 また、届出事項を変更する場合は、その変更行為の着手日の30日前までに届出が必要です。
 なお、届出対象行為の全てが特定届出対象行為(景観法第17条第1項)であり、建築物・工作物の外観に使用できる色彩に制限が加わります。

届出対象行為、フローチャート、必要書類、色彩基準などについて

 届出の対象となる行為や届出に関する手続きのフローチャート、届出必要書類、景観形成基準(色彩基準)については、「市川市景観計画の概要」でご確認ください。
 

景観法に基づく届出に添付するチェックシートについて

 景観法に基づく『市川市景観計画区域内行為届出書』の提出にあたり、下記項目よりチェックシートをダウンロードし、内容を確認、届出書に反映し、またチェック項目にチェックしたものを必ず添付し提出してください。

中山参道景観重点地区における景観法・市川市景観条例に基づく手続きについて

(1)事前協議書の提出

延べ面積が10平方メートルを超える建築物の新築、増築、改築を行う場合には、景観法に基づく届出の30日前までに事前協議書の提出が必要です。
 なお、建築物に該当する機械式自動車等駐車場においては、高さが1.5メートル又は築造面積が300平方メートルを超えるものが事前協議の対象となります。

(2)景観法に基づく届出

延べ面積が10平方メートルを超える建築物の新築、増築、改築、移転や修繕等、工作物の新設等を行う場合、当該行為の着手日の30日前までに景観法で定める届出が必要です。
また、届出事項を変更する場合は、その変更行為の着手日の30日前までに届出が必要です。

中山参道景観重点地区における手続きの対象行為や手続きのフローチャート、事前協議・届出必要書類、景観形成基準(色彩基準)については、「市川市景観計画(別冊)【中山参道景観重点地区】」をご確認ください

届出に関する各様式のダウンロード

様式 使用用途 Word PDF
一般地区 <様式第1号(その1)>
市川市景観計画区域内行為届出書
(一般地区用)
一般地区における届出を行う際は、こちらの様式に必要事項を記入し、その他必要書類を添えてご提出ください。 Word PDF
市川市景観計画区域内行為届出書
チェックシート
一般地区における届出を行う際は、届出の内容とチェック項目の整合性を確認し、チェックシートを添えて届け出てください。 Word PDF
<様式2号(その1)>
市川市景観計画区域内行為
変更届出書(一般地区用)
届出をした後、届出内容に変更が生じた場合は変更届出が必要です。変更届出を行う際は、こちらの様式に必要事項を記入し、その他記載内容に変更がある書類を添えて届け出てください。 Word PDF
<様式3号(その1)>
市川市景観計画区域内行為通知書
(一般地区用)
国の機関または地方公共団体が届出を行う際は、こちらの様式に必要事項を記入し、その他必要書類を添えて届け出てください。 Word PDF
景観重点地区 <様式第5号の2>
市川市景観計画区域内行為
事前協議書
事前協議を行う際は、こちら様式に必要事項を記入し、その他必要書類を添えて届け出てください。 Word PDF
<様式第1号(その2)>
市川市景観計画区域内行為届出書
(景観重点地区用)
景観重点地区内における届出を行う際は、こちらの様式に必要事項を記入し、その他必要書類を添えてご提出ください。 Word PDF
景観重点地区内行為届出書
チェックシート
景観重点地区における届出を行う際は、届出の内容とチェック項目の整合性を確認し、チェックシートを添えて届け出てください。 Word PDF
<様式2号(その2)>
市川市景観計画区域内行為
変更届出書(景観重点地区用)
景観重点地区における届出をした後、届出内容に変更が生じた場合は変更届出が必要です。変更届出を行う際は、こちらの様式に必要事項を記入し、その他記載内容に変更がある書類を添えて届け出てください。 Word PDF
<様式3号(その2)>
市川市景観計画区域内行為通知書(景観重点地区用)
国の機関または地方公共団体が景観重点地区における届出を行う際は、こちらの様式に必要事項を記入し、その他必要書類を添えて届け出てください。 Word PDF
共通 <様式8号>
市川市景観計画区域内
行為完了等報告書
一般地区及び景観重点地区における届出行為が完了した際は、こちらの様式に必要事項を記入し、全ての面の完成写真(マンセル値を記載)を添えて提出してください。 Word PDF
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 街づくり部 街づくり計画課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-6323 FAX:047-712-6324