• 音声読み上げ
  • 文字を大きくする
  • 文字を元に戻す



東山魁夷記念館 次回の展覧会

更新日: 2018年12月4日
通常展「白い馬の見える風景」
東山魁夷は、「白い馬の見える風景」制作当時、唐招提寺障壁画の構想にあたっていました。

当館所蔵の初期作品や関連資料から、東山魁夷にとっての「白い馬」の源流を辿り、リトグラフィ、複製画などから、人気の連作「白い馬の見える風景」の全容を紹介します。
 
開催概要
開催期間
平成31年2月2日(土)~4月21日(日)
開館時間
午前10時~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 510円(410円)
65歳以上 400円
高大生 250円(200円)
中学生以下無料

※()内は25人以上の団体料金
いちかわエコボカード(満点カード)で1名が無料で入場できます。
※障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は、観覧料及び車1台の駐車料が無料となります。
市川市文学ミュージアムの利用済みチケット、チーパス千葉県外の子育て支援パスポート、および市川市の多世代ファミリーカードをご提示いただいた方は観覧料を2割引します。なお、65歳以上の方はあらかじめ割引料金となっているため、絵はがきを差し上げます。
※割引の併用はできません。
主な展示作品
未定
休館日
月曜日(祝休日にあたる場合は、直後の平日)
展示替期間
 
イベント
ギャラリートーク
【開催日】 土・日・祝休日を中心に開催します。詳しい開催日については、後日お知らせします。

【時間】  午後2時から(所要時間約40分)

展示の解説を行います。
事前予約は不要ですが、当日の観覧券が必要です。
都合により中止する場合があります。


現在開催中の展覧会の情報は、こちらのページをご覧ください。