ホーム > サービス案内 > 利用案内 > 国立国会図書館「デジタル化資料送信サービス」「歴史的音源」

所蔵資料を全項目で検索します

キーワードをサイト内で検索します

市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料(検索結果が表示されます)

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

国立国会図書館「デジタル化資料送信サービス」「歴史的音源」

印刷する
更新日: 2016年4月1日

レファレンスカウンター脇のパソコン(Web-03)から、国立国会図書館「デジタル化資料送信サービス」、「歴史的音源」を利用することができます。
 
 

国立国会図書館「デジタル化資料送信サービス」

これまで国立国会図書館内でしか利用できなかった同館のデジタル化資料が、市川市中央図書館内において閲覧および複写できるようになりました。


1 閲覧できる資料
 国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難な約142万点です。(平成28年1月現在)

2 閲覧できる場所
 中央図書館内の指定端末から閲覧できます。

3 閲覧できる時間
 10時から17時まで(利用受付は10時から16時30分まで)

4 利用方法
(1)利用受付
  市川市在住・在勤・在学で市川市立図書館利用券をお持ちの方ならば、どなたでも閲覧することができます。
  利用を申請する際は、中央図書館レファレンスカウンターで市川市立図書館利用券をご提示ください。

(2)閲覧
  中央図書館内の指定端末で職員によるログイン操作後、利用いただきます。
  原則として、閲覧は30分以内とさせていただきます。
  ただし、次に他の方の利用がない場合は、延長することができます。

(3)複写(有料)
  閲覧の結果、資料の複写(プリントアウト)をご希望の場合は、別途申し込みが必要となります。
  パソコン(Web-03)横に備え付けた指定の申請書にご記入の上、レファレンスカウンターにお持ちください。
  ・複写できる範囲は、著作権法で認められた範囲内となります。
  ・複写は職員が行ないます。
  ・料金は、白黒1枚10円、カラー1枚50円(A4サイズのみ)です。

5 その他
 国立国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービス及び送信対象となる資料については、国立国会図書館ホームページをご覧ください。

 

国立国会図書館「歴史的音源」

歴史的音源とは、1900年初頭〜1950年頃に国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説等約5万の音源をデジタル化し、国立国会図書館が公開したものです。
この音源すべてを市川市中央図書館館内において聴くことができるようになりました。


1 利用できる場所
 中央図書館館内の指定端末で聴くことができます。

2 利用方法
(1)利用受付
  どなたでも利用することができます。
  利用する際は、中央図書館レファレンスカウンターで端末利用の申請をしてください。(17時以降は申請不要です)

(2)視聴方法
  中央図書館内の指定端末でログイン操作後、備付けのヘッドホンを利用して視聴いただきます。
  原則として、視聴は30分以内とさせていただきます。
  ただし、次に他の方の利用がない場合は、延長することができます。
  複製やダウンロードはできません。

3 その他
 著作権(著作隣接権)の保護期間が満了した音源は、インターネットに公開されていますので、指定端末以外からも聴くことができます。
 歴史的音源についての詳細は、国立国会図書館ホームページをご覧ください。
  

 

中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで