ホーム > データベース > 地域情報 > 市川ゆかりの著作家 渡邊二郎

キーワードをサイト内で検索します

図書館公式フェイスブック
市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料(検索結果が表示されます)

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

市川ゆかりの著作家 渡邊二郎

印刷する
更新日: 2018年12月13日

渡邊 二郎(1931‐2008)

特別コレクション渡邊二郎書架 

渡邊二郎氏は、東京大学教授、放送大学教授を歴任され(後に東京大学名誉教授、放送大学名誉教授)、哲学研究の分野では常に第一線でご活躍され、2008年に76歳で亡くなられるまで、市川市宮久保の地を愛し、そこで思索や研究を深められました。

ドイツ観念論、ニーチェ、フッサール、ハイデッガー等の研究で名高く、これらの哲学原典の翻訳のほか、ご自身の 独創的著述も高い評価を得ています。また、没後筑摩書房より『渡邊二郎著作集 全12巻』が刊行されています。

渡邊氏が生前、研究に使われていた資料や草稿類等を市民に公開することにより、哲学を志す方々の指南になることや哲学を身近に感じてもらえるようになることなどを願い、 昨年、ご遺族より中央図書館に氏の蔵書が寄贈されました。
 

渡邊二郎氏略歴

  • 1931年 10月15日生
  • 1958年 東京大学大学院人文科学研究科哲学専門課程博士課程修了
  • 1978年 東京大学教授に就任。
  • 1991年 日本哲学会会長(〜'95)
  • 1992年 東京大学教授を定年により退官。
  • 1992年 放送大学教養学部教授に就任。
  • 1992年 東京大学名誉教授の称号を授与される。
  • 2001年 放送大学教授を退官
  • 2001年 放送大学名誉教授の称号を授与される。
  • 2008年 2月12日逝去
     

主な著作

『ハイデッガーの実存思想』 勁草書房 1962
『ニーチェ』 平凡社 1976
『構造と解釈』筑摩書房 放送大学教育振興会 1988
『哲学入門』 放送大学教育振興会 1996
『自己を見つめる』放送大学教育振興会 2002

主な訳書

『哲学者の書』 ニーチェ/著 理想社 1965
『存在と時間』 ハイデッガー/著 中央公論社 1971
『人間的自由の本質』 シェリング/中央公論社 1974
『イデーン1-1、1-2』 フッサール/みすず書房 1979〜84
研究書を含めて包括的に「渡邊二郎」で検索する(別ウィンドウで開きます)
「渡邊二郎」の著作・研究書を含む市川市立図書館の所蔵はこちら →

中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)