ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > その他文化情報 > 【終了しました】歌人・平安朝文学研究者 神作光一のひもとく和歌の世界

【終了しました】歌人・平安朝文学研究者 神作光一のひもとく和歌の世界

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月9日
 
 ●トップページ  ●施設案内  ●展覧会情報  ●資料案内
 ●主催事業  ●利用案内・アクセス   ●刊行物  ●市川の文化人
 ・ 過去の展覧会こちらをご覧ください。
          

【新着情報】


・5月17日(土)より、後期展示が始まりました!
後期テーマ展示では、「小倉百人一首 絵くらべ」と題して、江戸時代から明治時代にかけて作られた、様々な百人一首の版本を中心に展示を行います。ぜひ皆様お誘いあわせの上、ご来場ください。

文芸ポストができました!
 一年を通して、市川をテーマに詠んだ短歌・俳句・川柳が市川手児奈文学賞にご応募できる、文芸ポストができました。
里見公園、郭沫若記念館、東山魁夷記念館、文学ミュージアムの 四か所に設置されています。詳しくは  こちらをご覧ください。
 



 

歌人・平安朝文学研究者 神作光一のひもとく和歌の世界

神作展チラシ                                       


 ポスター、チラシに記載の秋葉四郎氏講演会日程に間違いがございました。

ポスター、チラシ表面 誤  5月17日(土)
               正  5月24日(土)

誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。


ちらしの裏面は こちらをクリックください。
プレスリリースはこちらをクリックください。


【会期】2014年3月15日(土)〜2014年7月6日(日)
前期 2014年3月15日(土)〜2014年5月11日(日)
後期 2014年5月17日(土)〜2014年7月6日(日)

【休館日】
月曜日(5月5日は開館)、3月28日、4月30日、5月7日、5月12日から16日、5月30日、6月27日

【開館時間】
平日 10時〜19時30分(企画展示室の入室は19時まで)
土日祝 10時〜18時(企画展示室の入室は17時30分まで)

【観覧料】
一般 300円(240円) 65歳以上 240円
高大生 150円(120円) 中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名無料
エコボカード満点1枚につき、1名無料
※()内は、25名以上の団体料金 
※前期の利用済チケットをご掲示いただくと、後期は団体料金で観覧できます。
65歳以上の方は、利用済チケットのご掲示でプレゼントを進呈。
※市制施行80周年を記念して、ご来館の昭和9年生まれの方へ、次回利用できるペア招待券を差し上げます。ご本人確認のできるものをご持参ください。(詳細はお問い合わせください)。



【協力】
東洋大学、東京成徳大学、千葉商科大学、和洋女子大学、日本歌人クラブ、千葉県かるた協会、「花實」短歌会

概要

 市川市在住の神作光一は、歌人や平安朝文学研究者として活躍するかたわら、芸術文化の振興に尽力してきました。
本展では、「神作光一のひもとく和歌の世界」と題して、「小倉百人一首」「源氏物語」「伊勢物語」など、古典文学の美に触れる貴重な資料を展示し、その中から〈和歌〉の魅力に迫ります。
また、神作の短歌作品とともにさまざまな業績をたどり、その世界を一望します。和歌から短歌へ、三十一文字の世界をお楽しみください。

【テーマ展示】
前期:カルタいろいろ
コインサイズや、木製のかるたをはじめ、百人一首のさまざまなかるたと、古今和歌集、和漢朗詠集のかるたなど、江戸時代のかるたを中心にご紹介します。
後期:小倉百人一首 絵くらべ 
江戸時代から明治時代にかけて作られた、様々な百人一首の版本を中心に展示します。それぞれ異なる歌人の絵をじっくり眺めてみませんか。

【神作光一氏プロフィール】
1931年(昭和6)年生まれ。千葉県市原市出身。歌人・国文学者。東洋大学元学長。現在東洋大学名誉教授。
2006年に日本歌人クラブ会長に就任(現名誉会長)、短歌結社「花實」名誉会長。2011年瑞宝重光章受章。
[伊勢物語かるた]

学芸員によるギャラリートーク

平成26年3月22日(土)より、当館学芸員による展示解説を行います。
神作光一展観覧券をご購入の上、ミュージアムカウンター前にお集まりください。
展示解説は20分程度を予定しております。

【日時】平成26年3月22日(土)より
         3月〜4月中は会期中毎週土曜日 
13時30分にミュージアムカウンター前にお集まりください。
     5月〜7月中は会期中毎週日曜日 13時30分にミュージアムカウンター前にお集まりください。 
     (※6月8日(日)は実施いたしません。)


※事前申し込みは不要です。神作光一展の観覧券が必要となります。

関連イベント

平安装束に触れてみよう 【終了しました】

青柳隆志氏(東京成徳大学教授)による十二単と小袿の紹介と解説
2014年4月29日(火・祝)14時から16時 ベルホール(生涯学習センター2階)
定員46名(要申込) 2014年4月11日(金)必着

講演会「和歌を歌う 和歌披講と歌会始」【終了しました】

青柳隆志氏(東京成徳大学教授)による披講の講演会
2014年5月17日(土)14時から15時30分 グリーンスタジオ(生涯学習センター2階)
定員220名(要申込) 2014年4月25日(金)必着

講演会「神作光一さんの世界」

秋葉四郎氏(日本歌人クラブ会長、斉藤茂吉記念館館長)による講演会
2014年5月24日(土)14時から15時30分 グリーンスタジオ(生涯学習センター2階)
定員220名(要申込)  2014年5月2日(金)必着

講演会「江戸の教養を考える 伊勢物語・徒然草・百人一首」

神作研一氏(国文学研究資料館教授)による、江戸と文学についての講演会
2014年6月8日(日)14時から15時30分 文学研究室(生涯学習センター2階)
定員30名(要申込) 2014年5月16日(金)必着

競技かるたを見てみよう

競技かるたの実演と、関純郎氏(千葉県かるた協会会長)による解説。
2014年6月14日(土)14時から16時 メディアパレス(生涯学習センター2階)
事前申し込み不要

短歌・文学散歩「神作光一とめぐる市川の街」

文学の散歩道〜弘法寺(歌碑)〜じゅん菜池緑地(歌碑)〜文学ミュージアムを、マイクロバスで巡ります。
2014年6月26日(木) 13時から16時 集合場所:市川市役所
定員25名(要申込) 2014年6月6日(金)必着

お申込み方法

イベントごとに別の往復はがきに、
[1]イベント名[2]参加人数(一通につき2名まで)[3]氏名[4]住所[5]電話番号をご記入の上、
〒272−0015 市川市鬼高1−1−4 生涯学習センター2階 市川市文学ミュージアム「神作光一」展関連イベント係 までお送りください。

※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※イベント参加の場合は、すべて神作展の観覧券が必要です。(観覧済みでも可)。ただし、展示室への入室は、当日の神作展の観覧券が必要です。
※締め切り後でも定員に余裕がある場合は、電話にて申し込みを受け付けます。

※観覧済の券でも、関連イベントのみの参加の場合、使用できますので、

   そのままお持ちください。

 



関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで