ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > その他文化情報 > 市川市文学サポーター協働展 本を彩った画家たち―市川市文学ミュージアム収蔵資料を中心に―(終了しました)

市川市文学サポーター協働展 本を彩った画家たち―市川市文学ミュージアム収蔵資料を中心に―(終了しました)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年4月12日
 ●トップページ  ● 施設案内  ●通常展示  ●展覧会情報
 ●イベント  ●刊行物・グッズ  ●資料利用案内  ●データベース検索
 ・ 過去の展覧会はこちらをご覧ください。

〜文化施設を無料バスで巡ろう〜
※平成28年3月5日(土)から3月20日(日)までの土曜・日曜日に、市内文化施設を巡る無料バスが運行します。
また、3月5日(土)から3月27日(日)までの期間中はスタンプラリーなどのキャンペーンを実施します。
バスの運行時刻表やキャンペーンの内容など、詳しくはこちら→

市川市文学サポーター協働展 本を彩った画家たち―市川市文学ミュージアム収蔵資料を中心に―

協働展チラシ画像

◇会期
 2016年2月27日(土)〜2016年4月10日(日)
 
◇開館時間
 平日10時〜19時30分(土・日・祝は18時まで)
 企画展示室の入室は閉館時間の30分前まで

◇休館日
 月曜日(3月21日は開館)、3月22日、3月31日
 
◇観覧料
 無料
 
主催:市川市

 チラシデータはこちら(PDF)

概要

 本展は、平成26年度に市川市文学サポーターと共に開催した、企画展「私のまるごとお気に入りの本たち〜文章とブックデザイン〜」に続く、文学サポーターと文学ミュージアムとの第2回協働企画展となります。
 今回は、日頃文学ミュージアムの活動を、さまざまな形で支えて下さっているサポーターとミュージアムの学芸員とが、当館所蔵資料を中心に、日本近代文学の複刻本と雑誌に焦点をあて、その表紙絵や挿絵を手がけた画家と、文章を書いた作家との交流や関係性を取り上げ、本を彩る絵の美しさや、その背景などを浮き彫りにします。
 サポーターと学芸員が共に企画から資料調査、展覧会運営までを行い、収蔵資料とサポーターの活動を広く紹介するものです。

関連イベント(終了しました)

講演会「夏目漱石のイギリス留学と美術雑誌THE STUDIO」(要申込)

漱石が愛した美術雑誌を手がかりに、2年間のイギリス留学の意義を探ります。

◇講師
 仁平 道明(にへい みちあき)氏
 和洋女子大学教授、和洋女子大学文化資料館館長。専門は日本文学。近代日本文学の貴重な書籍・雑誌のコレクションを持ち、本展にもその一部をご提供いただきます。
◇日時
 2016年3月20日(日)
 14時〜15時30分
◇会場
 市川市生涯学習センター3階 第2研修室
◇定員
 70名(申込多数の場合は抽選とさせていただきます。)
◇申込方法
 往復はがきまたはFaxで、イベント名、参加人数(2名まで可)、氏名、住所、電話番号(Faxで応募の場合は併せてFax番号も)をご記入の上、下記までお送りください。
  〒272−0015 市川市鬼高1−1−4 生涯学習センター2階
  市川市文学ミュージアム「本を彩った画家たち」関連イベント係
  Tel:047−320−3334 Fax:047−320−3356
◇申込締切
 3月4日(金)
 ※締切後でも定員に余裕がある場合は、電話にて申込を受け付けます。

文学サポーターと学芸員による展示説明(申込不要)

◇日時
 2016年2月28日(日)、3月12日(土)
 両日ともに14時〜15時
◇会場
 市川市生涯学習センター2階 企画展示室

文学サポーターによる調査発表会(申込不要)

展示では紹介できなかったエピソードなどを、資料調査を行ったサポーターが発表します。

◇日時
 2016年3月6日(日)
 14時〜16時
◇会場
 市川市生涯学習センター2階 文学研修室
Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで