ホーム > サービス案内 > 行事・展示 > 中央図書館特集展示2019年

キーワードをサイト内で検索します

図書館公式フェイスブック
市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料(検索結果が表示されます)

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

中央図書館特集展示2019年

印刷する
更新日: 2019年3月5日
中央図書館の特集展示コーナーでは、毎回さまざまなテーマを取りあげて、広く本の紹介を行っています。

2019年3月〜4月:「平成」という時代
2019年2月〜3月:千葉を走る電車
2019年1月〜2月:装う

それぞれの資料リストは、Webサービスメニューの「特集展示資料一覧」で見ることができます。

                                          

「平成」という時代(3〜4月)

特集ポスター 「平成」という時代
数ヶ月前から「平成最後の〜」というフレーズをよく耳にするようになりました。
この平成の30年間に起こった出来事で皆さんの印象に残った事は様々あることと思います。

次の時代は目の前に訪れようとしていますが、ここで今一度平成という時代を、あなたの気になるキーワードから振り返ってみるのはいかがでしょうか。

こちらの棚にはそのきっかけとなれば、と思う本を集めてみました。
これと思う本を手に取られたあなた…
次なる本を探す旅に棚へ向かってみませんか。。。
 

千葉を走る電車(2〜3月)

特集ポスター 千葉を走る電車
27。これは、千葉県にある鉄道路線の数です。県内には路線が張り巡らされており、千葉県を一周することができます。
通勤、通学に利用している電車が辿ってきた歴史や、房総を走る鉄道から眺める景色など、千葉県を走る鉄道について、いろいろと見て回りませんか?
ガラスケースには、京成電鉄の古い沿線案内図を展示しています。
今はなき懐かしい駅名や路線を探してみてください。

3月1日(金)〜3月14日(木)の期間は、千葉県立中央博物館および京成電鉄株式会社と連携し、「写真でつづる千葉県と鉄道展」を開催します。
写真パネルや京成電鉄の記念切符等を展示いたしますので、どうぞ併せてご覧ください。
 

装う(1〜2月)

特集ポスター 装う
人々は、なぜじぶんを飾り、装うのでしょう。
単なるみだしなみや儀式的・社会的な意味合いだけでしょうか?
日本には、遊び心といった精神や、粋・伊達といった美意識、さらにわびさびの世界など、独特の美的感性があります。
衣服や装飾品と、身に着ける人との心の調和が生み出す美の世界。
装いは、その人の生き方そのものが反映されると言えるかもしれません。
この特集展示では、<装う>をテーマに、装飾品や衣服に関連して、味わいや風情たっぷりのNIPPONの伝統美をはじめ、世界の民族衣装や現代ファッションなど様々な本を集めてみました。
華やかさと艶やかさに彩られた美の世界をお楽しみ下さい。
 

中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)