ホーム > サービス案内 > 行事・展示 > 中央図書館 絵画ラック・ガラスケース展示2020年

キーワードをサイト内で検索します

図書館公式フェイスブック
市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料(検索結果が表示されます)

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

中央図書館 絵画ラック・ガラスケース展示2020年

印刷する
更新日: 2020年7月3日

中央図書館の絵画ラック・ガラスケースでは、特集展示やイベントにあわせて、さまざまな展示を行っています。
                                          

須山八重子はがき絵展 「わたしの市川」 【終了しました】

須山八重子はがき絵展「わたしの市川」ポスター


絵画ラックでは、市民の方によるはがき絵展を開催しています。
今回のはがき絵展は、3人目となる須山八重子さんです。
市川市内を描いたものや、市川市に関連する作品を展示しています。
どうぞご覧ください。

期間 2020年2月1日(土)〜6月28日(日)
場所 中央図書館絵画ラック








 
須山八重子はがき絵展「わたしの市川」展示のようす
【須山八重子】元高校教諭

はがき絵は、真間山弘法寺人間学校にて、昨年中央図書館ではがき絵原画展を開催したとよだ時氏(漫画家・ゆーもぁ画文作家/市川市在住)に師事。
一人でどこへでも行ってしまうためか、「糸の切れた凧」または「川流れの手拭」と呼ばれることもある。
市川を描き、市川から千葉県へ、他県へと脚を伸ばし、はがき絵を描き続けている。


脚本家 水木洋子と「水木洋子市民サポーターの会」パネル展

脚本家 水木洋子と「水木洋子市民サポーターの会」パネル展のようす

「ひめゆりの塔」「裸の大将」「キクとイサム」「純愛物語」など、映画やテレビドラマの脚本家で知られる水木洋子は、1947(昭和22)年から市川市八幡に住み始め、ここから多くの名作を生み出しました。
今回は文学ミュージアムと連携して、水木洋子に関連した作品一覧や年譜等のパネルを展示しています。

 期間 2020年1月15日(水)〜1月30日(木)
 場所 中央図書館絵画ラック

中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)