ホーム > 文化・観光 > 文化 > 文化行事 > 【終了しました】文学プラザ企画展 てこな-その姿をもとめて/水木洋子の〈キクとイサム〉

【終了しました】文学プラザ企画展 てこな-その姿をもとめて/水木洋子の〈キクとイサム〉

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年1月13日
文学プラザトップページ

  

てこな-その姿をもとめて / 水木洋子の〈キクとイサム)
同時開催 第9回市川手児奈文学賞入賞作品展

 
 

真間の手児奈は、日本最古の歌集である万葉集に歌われた美女で、多くの男性に慕われつつも、誰に心を添わせることもなく、真間の入江に身を投げたと伝えられる伝説のヒロインです。
 
市川の文学は、この「真間の手児奈」から始まっており、現在、手児奈は市川の文化芸術のシンボルマークとしても親しまれています。
 手児奈は、北原白秋、西川日恵、中津攸子などの多くの作家が作品に著し、演劇などの芸能にもなっています。
 
この企画展では、手児奈の伝承からその姿を探るとともに、広がりのある手児奈の世界を紹介します。
 
また、〈市川を詠む〉をテーマに全国から短歌・俳句・川柳を募集した「第9回市川手児奈文学賞」の入賞作品展も行います。

 
一方、戦後日本映画の黄金期に活躍した脚本家 水木洋子は、日本人女性とアメリカ兵の間に生まれた姉弟を題材とした映画〈キクとイサム〉(1959年)の脚本を手がけました。
 水木洋子と今井正監督、キク役を演じた高橋エミとの深いつながりの中で作られたこの映画を探ります。

てこな展チラシ表(別ウィンドウで開きます)

展示期間
2009年2月7日(土)~2009年5月28日(木)

●開館時間
 午前10時~午後5時 入場無料
●休館日 月曜
  (5月4日は開館)
●その他の休館日
  2月27日、3月31日、4月30日、5月7日


図録『てこな TEKONA』を販売中(400円)

展示内容

てこな-その姿をもとめて
 
作品でたどるてこな (短歌・俳句・川柳・詩・戯曲ほか)
作家が描くてこな (中津攸子・西川日恵・北原白秋・清川妙ほか)
永井荷風・井上ひさしとてこな
てこな大変身!
 
同時開催:第9回市川手児奈文学賞

水木洋子の〈キクとイサム〉
 戦後をかけ抜けたエミとともに


映画〈キクとイサム〉
苦労した撮影
水木洋子と高橋エミ

関連イベントの紹介

■市川手児奈文学賞贈賞式
  2月8日(日) 13時30分~
  会場 グリーンスタジオ(生涯学習センター2階)
  定員 200名 申込不要(無料)

贈賞式様子
贈賞式様子
■第10回脚本家/水木洋子の世界
  映画<キクとイサム>上映と高橋エミさんのトーク・歌
 
   4月25日(土) 13時30分~
    会場 市川市市民会館(市川市八幡4-2-1)
    出演者 高橋エミさん  
    参加人数 750名 
■講演会「手児奈の歌と古代の交通」 
     2月14日(土) 14時00分~
   会場 文学プラザ
   講師:山路直充(市川考古博物館学芸員)
   参加人数 25名
講演会の様子
 ■映像でたどる手児奈 (手児奈関連映像作品上映) 
   2月15日(日) 10時30分~16時00分
    会場 文学プラザほか


■「てこな」の紙芝居をやってみよう! 
   2月15日(日) 11時00分~  14時00分~
    会場 文学プラザ
    参加人数 30名
紙芝居の様子

■市川手児奈文学賞に詠まれた手児奈~鑑賞実作講座
   3月1日(日) 13時30分~
   会場 文学プラザ
   講師:岡本公夫、清水麻利子、渕上千津、吉井道郎(市川手児奈文学賞選考委員)
   参加人数 20名

鑑賞実作講座の様子

■講演会「万葉集と伝説の女たち」
   3月15日(日 14時00分~
   会場 文学プラザ
   講師:清川 妙(作家)
   参加人数 58名 

講演会の様子

■春の文学散歩~てこなをもとめて~
手児奈関連場所を歩く
  いずれも10時~12時
 テキストとして文学プラザ図録『てこな TEKONA 』(400円)を使用します。
  定員  全4回参加できる方、先着30名 
文学プラザまで要申込

 11日(水) 文学プラザ集合、講義         参加人数 18名
    18日(水) 和洋女子大資料館、里見公園ほか 参加人数 17名
    25(水) 郭沫若記念館、じゅん菜池ほか    参加人数 12名
 4月 2日(木 手児奈霊神堂、弘法寺ほか      参加人数 15名
 
 

文学散歩の様子
文学散歩の様子

文学散歩の様子
文学散歩の様子

■ギャラリートーク「水木洋子の〈キクとイサム〉」
 4月3日(金) 14時~
  会場 文学プラザ 
  講師:石井敏子(文学プラザ職員)
  参加人数 15名 

ギャラリートークの様子
■ギャラリートーク「てこな-その姿をもとめて」
 4月16日(木) 
14時~
  会場 文学プラザ
  講師:貞包真実(文学プラザ職員)
  参加人数 20名
■水木洋子資料展
 4月18日(土)~4月30日(木)
 9
時00~17時00
  会場   八幡市民談話室(市川市八幡2-4-8)


関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化施設課)
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356