ホーム > サービス案内 > お知らせ > 2019年度・IC機器導入による休館のお知らせ

キーワードをサイト内で検索します

図書館公式フェイスブック
市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料(検索結果が表示されます)

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

2019年度・IC機器導入による休館のお知らせ

印刷する
更新日: 2019年12月21日
市川市の図書館は、IC機器導入、本の特別整理・点検等のため、
下記の日程で休館させていただきます。
各図書館の休館期間中は大変ご不便をおかけいたしますが、
皆様のご協力をお願いいたします。
 
下記以外の図書館および市民図書室・公民館図書室につきましては、
通常どおり開室いたします。
 
 

 

中央図書館・こどもとしょかん【終了しました】

自動貸出機イラスト
11月21日 木曜日~12月2日 月曜日まで
 
なお、中央図書館では12月3日から、以下サービスの開始を予定しております。
 
  • セルフ貸出機による貸出
  • セルフ返却機による返却
  • 予約資料のセルフ受取・貸出

行徳図書館【終了しました】

12月12日 木曜日~12月19日 木曜日まで

なお、行徳図書館では12月20日から、以下サービスの開始を予定しております。

 
  • セルフ返却機による返却
  • 予約資料のセルフ受取・貸出

 

蔵書点検の豆知識

蔵書点検って何?

蔵書点検というのは、お店でいえば「棚卸」に相当します。「曝書(ばくしょ)」ともいいます。
昔は、和装本や漢籍本を虫干し、つまり夏の晴天の日をえらび本をひらいて数時間強い日光にさらし、乾燥させると同時に殺虫していました。
現在では、さすがに虫干しはしませんが、市民の皆さんの貴重な財産でもある蔵書が無くなっていないか、実際に本のあるはずの棚と別の棚に並んでいないか、所蔵データが正しく一致しているか等を点検します。
 

具体的にはどのような作業をするの?

蔵書点検のようす
せっかくインターネット等で予約をした本が行方不明という場合があります。これは、本来あるべき棚とは違う棚に置かれていることや、貸出の時のミス、無断持ち出しなどが考えられます。
このため本のバーコードをノートパソコン等の機械で1冊ずつ読み取り(スキャン)、所蔵データと照合(マッチング)します。
また、毎年増加する蔵書を効率的に管理するため、除架や棚移動など日常ではできない作業を行います。

 

中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)