ホトケドジョウ・レスキュー

長田谷津には、国の絶滅危惧種であるホトケドジョウという魚が生息しています。毎年、繁殖が確認されていますが、生息に適した環境がずいぶん少なくなりました。これまで自分たちのマンパワーで環境整備を行ってきましたが、新たに一般の皆様方に作業のお手伝いを呼び掛けることにしました。

作業内容は、幼魚が成長するために必要な湧水の浅い水面を作ることです。ホトケドジョウが確認されている水路に連続する形で水面を作ります。新しい生息場所を作って、そこへの引っ越しも考えています。

参加者の方にお願いしたい身支度
 汚れてもいい服装、長靴。軍手もご持参いただければ助かります。

博物館が用意する道具
 まんのう、鎌、軍手

毎回の作業結果を見て、その次の回の日程・内容を考えます。年間計画は立ちません。
次回作業は、つぎのとおり行います。網を入れて幼魚の確認調査も行います。
前回(6月)の網入れ調査では、今春生まれの幼魚のほか、やや大きい幼魚、成熟した成魚も確認できました。

日時
7月21日(日曜) 10時~12時
集合
観賞植物園前に10時
雨天中止
内容
湿地の掘り上げ
水路の草刈り
網入れ調査
お問い合わせ
自然博物館 担当学芸員:金子まで
電話
047-339-0477
メール
shizenhaku2@city.ichikawa.lg.jp

このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市教育委員会 生涯学習部 自然博物館

〒272-0801
千葉県市川市大町284 動植物園内

電話
047-339-0477