自然観察週報

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2021年10月20日
自然観察週報は、自然博物館学芸員の観察記録を週単位でまとめたものです。
内容は、観察年月日、観察場所、観察テーマ(生物名など)、観察内容、観察者です。
分野や内容には一貫性はなく、備忘録的な要素を持っています。
あわせて、週ごとの気象の状況も記録しています。
こちらは、あくまで生活実感としての気象の覚え書きです。
気象庁による正式なものとは区別してお考えください。

最新の自然観察週報

最新の自然観察週報です。
これ以前のものはエクセルデータでご覧ください。

9月12日から9月18日の自然観察週報

9月12日   9月18日 観察日誌週報  
週末に台風の影響でまとまった雨が降りました。
九州の西側から列島を東へ抜ける変わった進路でした。
日付(yy/mm/dd) 場所 生物名 できごと 観察者
21年09月13日(月曜) 長田谷津 ゲンノショウコ 草刈りの時に残しておいたゲンノショウコが咲きました。一般的にはありふれた野草ですが、市川市域では見られる場所が限定的になってきました。ふつうの野草が珍しい野草になってしまうことは、決してありがたいことではありません。 金子
21年09月15日(水曜) 長田谷津 オオアオイトトンボ オオアオイトトンボの姿を確認しました。長田谷津ではかなり遅い時期まで見ることができるトンボです。 稲村
21年09月15日(水曜) 長田谷津 オオカマキリ 草むらでオオカマキリの成虫の姿が目立つようになってきました。草の上に陣取り獲物を狙っています。 稲村
21年09月16日(木曜) 大町 クツワムシ 18時ごろ、動植物園の周りの梨畑や生垣ではクツワムシの大合唱が行われていました。クツワムシの鳴き声は、いつ聞いてもその声量に感心させられてしまいます。 稲村
21年09月17日(金曜) 坂川旧河口 キンミズヒキ 久しぶりに坂川旧河口一帯に行きました。キンミズヒキがきれいに咲いていました。ほかにフジバカマ、センニンソウもきれいでした。フジバカマは群落の勢いがずいぶん衰えてきました。原因と対策をあれこれ考えています。 金子
21年09月17日(金曜) 坂川旧河口 モズ モズの声がよく聞こえました。離れた場所の低木のこずえに、シルエットを見つけました。 金子
21年09月17日(金曜) 坂川旧河口 オオタカ 坂川の旧河道沿いは樹木が生い茂っています。バサッという音がしたので目を向けると、褐色のオオタカが飛び立ったところでした。 金子
21年09月17日(金曜) 大町 アカギカメムシ 動植物園の入り口からすぐそばのアカメガシワに、オレンジ色の大型のカメムシがいました。アカギカメムシだとわかり採集しました。 稲村
21年09月17日(金曜) ふれあい農園 マメハンミョウ 田んぼの横の草原にマメハンミョウがいました。 稲村
21年09月17日(金曜) ふれあい農園 エンマコオロギ 田んぼの横の草原では、たくさんのエンマコオロギが鳴いていました。エンマコオロギの鳴き声は他の鳴く虫とは異なり、単調ではなく、変化に富んでおり非常に美しいです。秋が深まるにつれて昼間でも鳴くようになります。 稲村
21年09月17日(金曜) ふれあい農園 スズメ 稲刈りが終わった田んぼにスズメの大群が群れていました。数は1000羽以上いました。近くを飛んだモズに驚いて大群で飛び回っていました。 稲村
21年09月18日(土曜) 長田谷津 ダイサギ 台風の影響で大雨が降った日、池や水路の水位は高く、ダイサギはバラ園の水びたしの草原で餌を捕っていました。魚やザリガニはいないので、バッタでしょうか? 金子

9月19日から9月25日の自然観察週報

9月19日   9月25日 観察日誌週報  
連休は好天に恵まれました。
緊急事態宣言下でしたが各地、行楽の人でにぎわいました。
日付(yy/mm/dd) 場所 生物名 できごと 観察者
21年09月19日(日曜) 長田谷津 スッポン 水位が上がった大池(噴水池)の噴水の台でスッポンが2匹、甲羅干しをしていました。水位が上がり、登りやすくなったようです。 稲村
21年09月19日(日曜) 長田谷津 ダイサギ 中央水路の板柵の上でダイサギが2羽休憩していました。 稲村
21年09月23日(木曜) ふれあい農園 タシギ 稲刈りが終わった田んぼの、水が少し溜まっているところにタシギが来ていました。近づくと「ジェッ」と大きな声を上げて飛び立ちました。 稲村
21年09月23日(木曜) ふれあい農園 トノサマバッタ ふれあい農園の草むらを歩くとトノサマバッタが飛び立ちました。 稲村
21年09月23日(木曜) ふれあい農園 モズ モズの高鳴きが響き渡っていました。縄張りを形成する時期なので、電線や杭の上など様々な場所で鳴いていました。 稲村
21年09月23日(木曜) 大野町 アケビコノハ 道に張り出したミツバアケビの葉に、アケビコノハの幼虫がついていました。アケビコノハの幼虫の特徴である大きな目玉模様が、よく目立ちました。 稲村

9月26日から10月2日の自然観察週報

9月26日   10月2日 観察日誌週報  
さわやかな秋晴れの日がありました。
10月1日は接近した台風の影響で、1日冷たい雨でした。
日付(yy/mm/dd) 場所 生物名 できごと 観察者
21年09月26日(日曜) 長田谷津 ベニスズメ 園路の上にベニスズメの幼虫がいました。拾い上げると眼状紋を見せつけ、まるでヘビのように威嚇をしてきました。 稲村
21年09月26日(日曜) 長田谷津 キビタキ 斜面林からキビタキの鳴き声が聞こえてきました。何かを警戒しているようで、しきりに下を気にしていました。タヌキでもいたのでしょうか。 稲村
21年09月28日(火曜) 長田谷津 アキアカネ 数日前からアキアカネをたくさん見るようになりました。秋が深まってきたことを感じます。 金子
21年09月28日(火曜) 長田谷津 モズ 高鳴きを聞きました。谷津の谷底に響きわたり、秋を告げます。 宮橋
21年09月28日(火曜) 長田谷津 ヤブマメ ヤブマメの花が咲いていました。長田谷津に多いツルマメの花色が紫なのに対し、ヤブマメは白と青の花色です。 金子
21年09月28日(火曜) 長田谷津 カシワバハグマ 斜面林できれいに咲いていました。カシワバハグマ自体は多いのですが、秋の花は夏の草刈りのタイミングで刈られてしまう場合も多くあります。今回は無事に咲いてよかったです。 金子
21年09月28日(火曜) 長田谷津 イヌショウマ 斜面林のイヌショウマがきれいになりました。このへんの谷津では一般的な植物だったのですが、斜面林の遷移が進み姿を消しました。春に低木や他の草を刈って環境をコントロールしたら、株が増えよく咲きました。 金子
21年09月29日(水曜) 大町 クツワムシ 梨畑から、ガチャガチャという鳴き声が聞こえます。涼しくなってきて、もう数匹ですが、それでも賑やかです。 宮橋
21年09月29日(水曜) 動物園内 ダイサギ 来園者の方から鳥が逃げていると動物園に通報があり、スタッフが見に行くとフライングゲージのわきの植え込みに大きなサギがとまっていたそうです。写真を撮って、博物館に種類を確認に来ました。近くを人が通っても逃げなかったので、飼育動物と思われたようです。普段は観察園にいる人馴れしたダイサギが、園内に入ってきたようです。 宮橋
21年10月02日(土曜) 長田谷津 ウスバキトンボ 台風明けの青空にはウスバキトンボの姿が目立ちました。 稲村

10月3日から10月9日の自然観察週報

10月3日   10月9日 観察日誌週報  
日中は陽射しがあり汗ばむ陽気でした。
朝晩はめっきり涼しくなりました。
日付(yy/mm/dd) 場所 生物名 できごと 観察者
21年10月03日(日曜) 長田谷津 ヒグラシ 夕方にヒグラシが鳴いていました。ヒグラシは6月頃から鳴き始め、10月でも声を聞くことができます。 稲村
21年10月05日(火曜) 江戸川放水路 トビハゼ 小学生と江戸川放水路の干潟に行きました。至る所でトビハゼが跳ねていましたが、子どもたちはカニ捕りに夢中でした。見るより捕る方が楽しいのは当然ですね。 金子
21年10月05日(火曜) 稲荷木 キンモクセイ 稲荷木緑道ではキンモクセイが咲いていい香りでした。カネタタキやコオロギの声も聞こえました。 金子
21年10月06日(水曜) 長田谷津 アキアカネ アキアカネが観察園の様々な場所で目につきました。特にバラ園の横のフェンスの上に、たくさんとまっていました。 稲村
21年10月06日(水曜) 長田谷津 オニヤンマ 夏の虫たちは、見かける機会が減ってきました。オニヤンマはまだ見かけますが、数は少ないです。 稲村
21年10月06日(水曜) 長田谷津 クロコノマチョウ ジュズダマの葉の上にいるクロコノマチョウの姿が目につきました。羽化したての個体だと思われます。緑色の葉の上にいれば目立ちますが、落ち葉の上にいると全くわかりません。 稲村
21年10月06日(水曜) 長田谷津 小鳥の混群 シジュウカラ、エナガ、ヤマガラ、メジロ、コゲラの混群を観察しました。 稲村

2021年の自然観察週報(エクセルデータ)

2021年の、ここまでの自然観察週報エクセルデータです。
まだ暫定的なものなので、今後、誤字などの修正を加えることがあります。
また、日付データは数式のままです。
週報シートへは関数を使って、気象データを表示させています。
操作時はご注意ください。

>2021年自然観察週報(暫定版)エクセルデータ

2011年から2020年までの自然観察週報(エクセルデータ)

2001年から2010年までの自然観察週報(エクセルデータ)

1998年3月から2000年までの自然観察週報(エクセルデータ)

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 自然博物館
〒272-0801
千葉県市川市大町284 動植物園内
電話:047-339-0477